「Life Science Meetup!」@京都大学('18 12/7)でモデレータを務めます

12月7日(金)、京都大学の構内にあるイノベーションハブ京都にて開催される「Life Science Meetup!」にモデレータとして登壇します。 Voice4u株式会社が入居する京都高度技術研究所・ASTEMと京都市が主催するイベントで、ライフサイエンス分野のトップラン…

学びながら世界を広げていった

大阪南部のニュータウンでサラリーマンの父と専業主婦の母のもとで育った私は、さしたる教育も家庭で受けることなく、公立小学校から公立中学まで順位的には上位4分の1ぐらいの成績で過ごした。高校は家から徒歩10分で交通費がかからず制服が可愛いという理…

Google が生まれた3年後にはてなが生まれた

japan.googleblog.com 「ある二人の大学生ラリーとサーゲイが「世界の情報を整理して誰でもアクセスできるようにする」という目標を立てたのも 1998 年でした。」 この3年後に、「話し言葉で質問すれば、ネット上の誰かが検索して答えてくれる」サービスを発…

何のために夫婦でいるのか

知人の奥さんが亡くなったと連絡がきた。その知人とは五年前に知り合ったのだが、どこで会っても奥さんは同伴せず夫婦はバラバラだと言っていた。実際、結婚してから30年近く、「亭主元気で留守がいい」(むかし流行ったCMのフレーズ)を実践していた夫婦だ…

「起業」がテーマのトークイベントを京都リサーチパークで開催します(9/19)

9月19日(水)19:00〜、京都リサーチパーク(KRP)に新しくできたオープンラウンジで、トークイベントならびに交流会を開催します。 会社ができたばかりの7月、KRPの成長起業支援部インキュベーションチームの梅田さん、大信田さん、井上さんから「実は新し…

この4平米のブースではてながスタートしたのだった

今日はVoice4uが入居しているシェアオフィス( https://stc3.net/ )の会員交流会に参加。 30人ぐらいの様々な業種業態の人たちが集まって、5分程度のピッチ(プレゼン)をして、その後、ビールと美味しいご飯を囲んで交流をした。 そのなかに、どこか懐かし…

登記完了!やる気はあるが夏休みなのでぼちぼちいこう

おかげさまで、会社の登記手続きが無事に完了し、Voice4u(ボイスフォーユー)株式会社が誕生しました。 「設立日、いつにしましょうか?」 「覚えやすいアメリカ独立記念日にしよう!」 ということで、7月4日が設立日となりました。ぱちぱちぱち。 さて、私…

自分の時間を自分でマネジメントする

バタバタと過ごした一週間。疲れがマックスだったので、週末は日常から少しだけ離れて、比叡山をドライブしました。青空と夏の風に吹かれてぼーっと過ごしただけですが、すっかりリフレッシュできました。おかげで今週もがんばれそう。 さて、えらそうなタイ…

全自動洗濯機と乾燥機の二階建ては最強だ〜!

梅雨ですね〜。京都は朝からザーザー雨です。週末、家で息子と友達が大騒ぎしているので、私は書斎にこもってPCに向かっています。仕事のことでギラギラしすぎてたので、今日は私の大好きな家電コンビを紹介します。 4年前、京都の真ん中にある小さなマンシ…

独立起業するならインキュベーション施設を選ぼう

昨日のエントリーには、たくさんのお祝いの言葉や励ましをいただきました。ありがとうございます。 始めることは簡単で、続けることのほうが何千倍も難しいので、気持ちを引き締めてひとつひとつのことをやっていきたいです。 さて、Voice4u株式会社を京都で…

Voice4u(ボイスフォーユー)株式会社の創業メンバーになりました

この度、アメリカでアプリケーション&プラットフォーム事業、デジタルマーケティング事業などを手がける久保由美さん、樋口聖さんの2人と共に日本法人、Voice4u(ボイスフォーユー)株式会社を設立することになりました。 5年に渡りお世話になった京都大学…

そろそろ活動再開...

こんにちは。久しぶりの近況報告です。 3月に5年間勤めていた京都大学こころの未来研究センターの広報の仕事を終えて、フリーとして活動を始めました。が、その後、縁あってアメリカで事業展開中の Voice4u の日本新規事業立ち上げメンバーに加えていただき…

ナビスコリッツクラッカーは私の青春(の一部)だった

リッツクラッカー。真っ赤な箱に入った丸くて点々の穴のついたクラッカー。少ししょっぱくて油っこくて、噛むとザクザクという音がして、噛み続けると口のなかで徐々にやわらかくなって、食べ終わる頃にはクラッカーの内側のわずかな甘みと小麦粉のやさしい…

1日の最後はひとりで過ごすのがいい

元来、人に気をつかいすぎる性分で、ひとりでいるのが好き。 人といるのは楽しいし、人とつながっていないと寂しいのだけれど、実際のところはひとりでいたい。 仕事に関しては、ひとりでやるよりも信頼のおける仲間と進めるほうがはかどるし、がんばれる。…

春やなあ

ソメイヨシノが豪快に咲いて散って、私の好きなしだれ桜や八重桜も場所によってはそろそろ終わり。寒かったり暖かかったり、春はあいかわらずせわしない。 春休みは地獄だよねと、お母さん同士で嘆き合ってたんだけど、今年はそれほどでもなかった。 息子が…

私の就職失敗記

桜が咲き始め、家具屋やホームセンターが新生活を始める人で賑わうこの時期、思い出す出来事がある。 あれは短大最後の春、私は博多にある電力会社のビルの一室にいた。 「すみません。親が病気になったので就職をやめさせてください」 入社式を3日前に控え…

生活のなかで生きる

使うことのなくなった深いすり鉢の底にドリルで穴をあけてもらい、植木鉢にかえた。 子どもも植物も育てることはとても難しい。変化をうけとめ変化を促す。そのためには自分自身の土台が健康であらねばならない。 この家に越してきて4年が経った。家族の形態…

ベランダのお客さん

3月末で京大の仕事をやめることにしたら、気が抜けたのか、ここ数日ひたすらぼおっとして力が入らない。食欲だけはある。 朝、息子を見送って、そのまま布団に戻り、次に覚醒したのはお昼前だった。 なんとか起き上がって、洗濯機をまわして、部屋をそれなり…

ドイツのやわらか湯たんぽ

ホカホカの湯たんぽが活躍する季節になりました。 カリフォルニアに住んでいた頃、最高に気持ち良かった夏とうってかわって、11月からの雨季は寒くて晴れ間がなくて辛い日々でした。おまけに家の南側が鬱蒼とした林だったから、たまの晴れの日にすら家に日差…

便利な中華せいろ

独り暮らしを始めたとき、真っ先に母がくれた調理道具のひとつがせいろでした。 料理教室をしている母は、調理道具を大阪の道具屋筋で買っていました。せいろも「ついでのときに買っといたの」と言って、送ってくれました。 もらった当時は、せいろがこんな…

子どもとゲームと親の関係について

子どもとゲームと親の関係について思うことをしたためます。 うちの子は父親がウェブの会社をやっていて、偶然にも子どもが生まれた2008年からは任天堂と仕事を開始した。そんな環境も手伝って、iPad、iPhoneは2才ぐらいから、ゲームは保育園の年中ぐらいか…

カリタ コーヒーミル ネクストGを手に入れた幸せ

本当に欲しかったもの、あるいは何日も何ヶ月も熟考して遂に購入するに至ったものは、意外にも手に入った瞬間は喜びが大きくない。 なんというか、既に前から手元にあるような気がして、あまりにしっくりとしすぎて、ワクワクドキドキが感じられない。 カリ…

これ以上簡単にはできない絶品イワシのオイル煮

サンマ、イワシ、サバ....。 銀色に光る青魚をスーパーの鮮魚売り場で見かけると、いてもたってもいられなくなり、ついバスケットに放り込んでしまう。 とりわけイワシが好きだ。 その昔、ほんのわずかな期間、はてなのメイン事業であった人力検索はてなに「…

人を責める前にやるべきこと

最近、PTAや町内会や地元のクラブチームなど複数のバレーボールチームに入って汗を流している。 一緒にやってる人は主に30〜40代の女性。ほぼ全員が既婚者子持ち(もしくは離婚者子持ち)で専業主婦からフルタイムの仕事を持つ人まで幅広い。 この年齢でガチ…

おばちゃんにTwitterはいらない

3年前ぐらいだろうか。ネット関係者ではなくママ友的な30〜40代の知り合いが軒並みFacebookを使い始めたとき、「いよいよSNSが一般人に広がったなあ〜」と感慨をおぼえた。 昨年あたりからinstagramを使う友人が一気に増えて、もはやinstagramに特別感は失わ…

サラダとオムレツと鶏むね肉のレンジ蒸しを食べただけの日曜日。

快晴の日曜日。体調がすぐれなくて、家で寝て過ごした。外に出たのは郵便受けに手紙を取りに行ったときだけ。結局、最初に食事したのが午後5時半だった。 ピザでも取ろうかとスマホを眺めていたが、冷蔵庫には山ほど食材がある。ここで宅配に頼ったら負けだ…

たとえその恋が実らなくても

さほど遠くない昔、飲み屋のカウンターで偶然となりに居合わせた人に一目惚れしたことがあった。 世間話的な会話をいくつか交わして、互いの自己紹介めいたことをして、ぎこちないなりに愉しい時間を過ごした。 次の約束があるからと、その人は席を立った。 …

育児はキツい。修行は続く。いろんなものの助けを借りて。

毎日、身体がだるくて眠い。 暇さえあれば畳に転がって休息をとっている。 小3の子どもが帰宅したらそうはいかない。友だちを引き連れてきて、リビングを牛耳ってゲームざんまい。スナック菓子はケンカしないように小皿に分けて出してやり、頃合いを見計らっ…

最高の玉ねぎスライスを求めて遂に手に入れたスライサー

玉ねぎスライスが好きで好きでたまりません。 実家にいた頃、母が飲んべえの父のためにしょっちゅう玉ねぎスライスを出していました。 平皿に盛られた半透明のみずみずしい玉ねぎの薄切り。その頂上にはふんわりとかつお節がまぶしてあり、食べる直前にごま…

自作プリントで勉強させる

勉強させたい、学力をアップさせたい、という気持ちは親なら持つのが当然だろう。 しかしなかなかうまくいかない。 学校から×のついたテストを持ち帰ってきたら、がっくりくる。 そこで、学習塾に行かせたり、市販のドリルを買ってきてやらせたりと、いろい…