子どもとゲームと親の関係について

f:id:reikon:20171104163848p:plain

子どもとゲームと親の関係について思うことをしたためます。

うちの子は父親がウェブの会社をやっていて、偶然にも子どもが生まれた2008年からは任天堂と仕事を開始した。そんな環境も手伝って、iPadiPhoneは2才ぐらいから、ゲームは保育園の年中ぐらいからスーパーマリオマリオカートをやるようになった。

今は家にはSwitch、WiiU3DS、子ども用のiPhoneがあり、毎日のようにクラスメイトが家にやってくる。週末には保育園時代からの友だちが遊びにくる。お目当てはやはりゲームだ。

そこで気になるのが、子どもたちの親のゲームに対する嫌悪感だ。親たちと話をすると「ゲームばかりして」「ゲームを欲しがるけど買わない」「ゲームは一日1時間に限定している」と、アンチゲームな言動が多い。おしなべてゲームは悪だと思っているようだ。

本当にゲームは悪だろうか?

私も一時期は子どもがゲームにばかりのめり込むので、どうしたものかと悩んでいた。家にはレゴや積み木やパズルやボードゲームが山ほどあるのに、なぜゲームばかりするのだろう、どうしたらゲーム以外のことに夢中にさせられるのだろう、と困っていた。

観察していたら、ゲームはとてもよく作られていることが分かった。多大な時間とおカネをかけて開発され、使い手を楽しませるために売れるために作り上げられたゲームは、子どもが他のことに見向きもしなくなるほど面白く、繰り返しやっても飽きることがない。私はゲームはやらないが、子どものプレイを見たり会話を聞いているだけでもそう思う。中毒性はありそうだ。だから悪かといえば、悪かもしれない。

そのゲームを子どもがずっとやっていて、良くないかと言えば、それだけしかやらないのは良くない。ゲーム以外のこと(運動や勉強)をしなくなってゲームにのめり込むとすれば、問題だ。

要はバランスで、そこで必要なのが、親の理解と介入だ。

うちでは放課後に子どもたちが4〜5人やって来てゲームを始めるが、だいたい1時間半ほど経過したらその後は外で遊ぶように家から追い出している。追い出すときには「これだけ十分にゲームをやったんだから、後は公園でたくさん体を動かそうね」と説明し、一緒に片付けをしてから見送っている。彼らは抵抗するかと思いきや、しぶしぶ言いながらも散らかったお菓子のゴミやリモコンをしまい、しまいにはみんなで嬉々として公園に繰り出していく。

子どもたちが外に出かけていく様子には、どこかゲームから離れることのできた解放感すら感じる。デジタルものに長時間触れると脳が疲労するのだろう。外の空気を吸って、日が暮れる頃にはリフレッシュした様子で帰宅してくる。

ただ、放っておけば子どもたちの方で腰をあげて外に遊びに行く、なんてことはまずない。ゲームをいったん始めると、大人でもなかなか離れられない。スマホだってそうだ。だから、子どもには「ゲームから切り替えさせる」大人の介入が必要だ。

なお、休日にはもう少し長い時間プレイしても良いことにしていて、半日ゲームしたら半日は外に出るなど工夫している。雨の日も室内ドッジボールとかボルダリングジムや広々とした博物館に行くなど。

また、どんな風にゲームをやらせるか、どんなゲームを選ぶかも大事になってくる。 うちでは今は主に「マインクラフト」と「スプラトゥーン」をやっていて、マイクラは4人まで同時にやれるようコントローラーを増やしている。マイクラでは仲間と知恵を出しあって、時にはこちらが驚くような見事な世界を構築している。牛や鶏を無駄に殺したり村人をいじめるようなプレイをしていたら、横から口をはさんで「ゲームだからって命あるものをいじめたらあかーん!」とたしなめている。

スプラトゥーンはSwitchでやりたい子が複数いたらちゃんと順番交代でするように、独り占めしそうな子にはあらかじめ釘をさしている。おおむねそれでうまくまわっている。順番にあぶれた子はスマホ3DSで小さめのゲーム(トロッコやねこあつめ、にゃんこ大戦争、ぷにぷになど)で遊んでいる。また、ゲーム初心者の子が来たときのために、Nintendo LandマリオカートWiiリゾートのようなシンプルな操作でワイワイと楽しめるゲームも用意している。

今や切っても切り離せない子どもとゲームの関係。あきらめるのではなく、拒絶するのでもなく、理解した上で、うまく子どもと付き合わせるために、親も努力して、工夫する必要があるのではないか。 放課後の子どもを観察している暇なんてないわ!という親が多いと思う。私だって本当は、バリバリと働きたい。でも、今はまだその時期じゃないと思っているので、あえて仕事の時間を減らしている。それができるのは恵まれているとは思う。 だから、働いている親の子がうちに来たら、自分の子と同じようにお世話をしている。何十人も何百人もお世話することはできないが、多少は人の役に立っているのではないかと思う。

ちなみに将来、ゲームをしていたら職業面で得かどうかは、私にはよく分からない。

ただ、個人的に思うのは、私の周りでIT、とりわけウェブサービスの業界で楽しそうに働いている若い世代は、多くの人が子どもの頃からゲームが好きで、今なお楽しそうにゲームの新作を追いかけている。 うちの子どもがこの先、どんな風になるのかは分からない。もしかしたら、ゲーム漬けになってひきこもるのかもしれない。あるいはゲーム以外のことに夢中になって、まったく想像を超えた仕事につくのかもしれない。

今、親である私にできることは、子どもがそれほど夢中になっているゲームを子どもが満足いくようにやらせてあげると共に、「ゲーム以外にもやるべきことはある」ということを、子どもも納得のいくよう説きながら、うまく切り替えを手伝ってあげることだと思っている。

朝からゲームばかりやっていた子どもたちを家から追い出した昼さがり。気になっている子育て仲間の参考になればと思い、したためました。

それにしても、こんな風に子どもの世話をするのもあと何年、とかなんだろうなあ。手探りだけど、がんばっていこう。