これ以上簡単にはできない絶品イワシのオイル煮

f:id:reikon:20170703122934j:plain

サンマ、イワシ、サバ....。

銀色に光る青魚をスーパーの鮮魚売り場で見かけると、いてもたってもいられなくなり、ついバスケットに放り込んでしまう。

とりわけイワシが好きだ。

その昔、ほんのわずかな期間、はてなのメイン事業であった人力検索はてなに「いわし」という掲示板があり、ブログのなかった時代に嬉々としてスタッフ日記をいわし掲示板で書いていた切なくも楽しい思い出があるから、という事柄とは全く関係ない(こんなエピソード書いても分かってくれる人は id:yomoyomoさんぐらいだろう)。

とにかく主婦になってから(主婦じゃなくなってからも)イワシが好きだ。

ピカピカと青銀色の光を放つイワシのパックは、なぜあんなにも吸引力があるんだろう。日本人のDNAなのか?安さに弱い庶民の習性か?

昨夕、近所のスーパーフレスコ(京都で有名なチェーン店)には、大振りのイワシが4〜5尾入って1パック250円で売られていた。魚はイマイチと評判のフレスコにはめずらしく、新鮮そのもののまぶしいイワシ。全長15cmはあり、頭はカットされ、内臓も取り除かれている。それで250円!思わず2パック買い求めた。

ここで「オイルサーディン レシピ」などでググると幾つもの作り方が引っかかるのだが、いかんいかん。料理好きのうんちくと手の込んだ仕込み方法が満載のレシピに手を出すとそれだけで夏バテが進行する。以前作ったときの記憶をもとに、簡略化できそうなところは全て省いて作ってみた。

結果、遜色なく美味しいイワシのオイル煮ができた。夏野菜のサラダと共に頂いたら、最高の前菜である。白ワイン持ってこーい!!

以下、作り方メモ。

f:id:reikon:20170703123607j:plain

- イワシはとにかく大きめのものを用意する

 ※通常、オイルサーディンには小さめのイワシが推奨されるが、メインディッシュ的に食べたいなら大きめがよい。頭と内臓が処理されたものがあったら大勝利

- イワシの頭と内臓を取り除いて、水で洗ってキッチンペーパーでふく

 ※骨はそのまま、身は開かない。

- フライパンにイワシを並べ、軽く塩をふり(塩味はあとで調節すればよいのでアバウトでよい)、オリーブオイル、サラダオイルを注ぎ、つぶしたニンニク、唐辛子を投げ込む

 ※オイルの量は完全にかぶらなくても骨の高さまでひたるぐらいでよい(写真参照)

- フタをせずに強火にかけ、煮立ったら弱火にして15分煮る。たまにスプーンでオイルをイワシの身にかけてあげる

- 火をとめてからフタをしてさます

 ※フタをするのは余熱で上身にも十分に熱を通すため。

完成〜!!

さめたらすぐに食べられます。骨はスルリと身から離れるので、身だけをガッツリ味わえます。

新鮮な夏野菜に塩こしょうと酢をふって、イワシを煮込んだオイルをかけて、一緒に食べると最高です。

イワシ大好き〜。青魚最高〜!!

人を責める前にやるべきこと

 

最近、PTAや町内会や地元のクラブチームなど複数のバレーボールチームに入って汗を流している。

一緒にやってる人は主に30〜40代の女性。ほぼ全員が既婚者子持ち(もしくは離婚者子持ち)で専業主婦からフルタイムの仕事を持つ人まで幅広い。

この年齢でガチでスポーツに取り組んでいる女性は、パワフルで気が強い。そしてクセのある人も多い。古今東西、おばちゃんは元気でクセがある。

ティーンエイジャーと違って、それぞれに人生経験を積んできて、結婚して子育てをして、みんな違う家に住んでいて、当たり前だけどひとりとして同じ暮らしをしていない。だから、考え方や行動パターンがそれぞれ違う。

なのでたまに「事件」が起こる。多くは良識ある大人なので子供のいじめのようなことは起こらないが、価値観の違いで意見がくいちがって炎上する。

どちらの主張も、決定的に間違っているわけではない。けれども、「青」と言っている人は「青のほうが正しい」と言い張るし、「赤」と言っている人は、赤の正当性を主張する。

結局、時間が経過するとそれなりの形に落ち着く。そもそも正解がないもめ事が多いので、「どっちもどっちだよね」という感じで収束する。

で、体得したことなのだが、もめている最中に心がけなければならないことは、シンプルだけど「一度、相手の立場になって考えてみる」ということだ。それに尽きる。

「たしかに自分が青の人だったら、こっちのほうがやりやすいよなあ」

「そうだよねえ。赤の人だったら赤が当然!って言いたくなるよなあ」

相手の立場になって考えてみる、想像力を働かせる。それだけのことで相手を責める気持ちが多少は減る。

昨日ぐらいから車椅子の人が起こした行動と航空会社の対応について話題になっている。

もし自分の身体が不自由で、車椅子生活をしなければならない立場だったら、と思うと今回の出来事は進歩的なことだったろうと思う。

もし自分が航空会社の人だったら、かなり面倒な出来事で、やれやれ現場の身にもなってくれ、と思ったことだろう。

そんな風にちょっと想像してみたら、手厳しい批評をしてやろうという気にはならないんじゃないだろうか。

自分以外の人は、自分と立場や環境や持っている条件が全然違うし、相容れない。だからこそ違いを理解して、想像して、受け入れて、折り合いをつけていくしかない。

「そんな綺麗事ばっか言って!家ではボクにキーキーうるさいことばっかり言ってるくせに!」という息子の声がどっかから聞こえてきそうだけど。苦笑

おばちゃんにTwitterはいらない

 

3年前ぐらいだろうか。ネット関係者ではなくママ友的な30〜40代の知り合いが軒並みFacebookを使い始めたとき、「いよいよSNSが一般人に広がったなあ〜」と感慨をおぼえた。

昨年あたりからinstagramを使う友人が一気に増えて、もはやinstagramに特別感は失われた。

しかしまだTwitterを使う同世代の女性は知り合いにほとんどいない。

なぜだろうと考えたのだが、その時々の心情をオンラインでつぶやきたい、情報を拡散したい、何かについて議論したい、というようなことを、「ネットでやらなくても、ふだんの生活で充分やってるわ〜」という理由から、Twitterは利用しないようである。

最近の私の知り合いに多いのは、子育て中の専業主婦や、働いていてもパート的な人、あるいは自営業的な人。そういう人たちはリアルの生活で色んな集まりに出かけては、様々な話題に興じる。わざわざネット上で知らない誰かと喋る必要性がまったくない。

「あ、いまこれを伝えたいな」と感じることなら、今日これからランチで会う友だちに話せばいいし、身近なテーマについて誰かと話し込みたい場合もリアルで属しているコミュニティの人と話せばいい。ネット上に仲間を作らなくても、リアルに気の置けない仲間が十分いる。家族もいる。顔の見えない誰かもしくは不特定多数の他者たちとコミュニケーションを取る暇などないし、したいとも思わない(ようだ)。

Facebookinstagramは違う。自分の身近な知り合いがせっせとその日のご飯や出かけた先の風景、飲み会の様子などをアップしているから、のぞいてみたくなる。「○○さん、沖縄いってたよねー」「××ちゃん、さっそくあの店にいったんや〜」など、身近な話題をひろいやすい。あと、心情吐露的なことや啓蒙的なことは、Facebookの友だちだけにとどめているほうが無難、ということもあるようだ。

それにしたってまだ一部の人たちで、Facebookinstagramも使っていない友人のほうが多い。はてなブックマークを見る人なんぞ皆無だし、はてなを知ってる人もあいかわらずほとんどいない。

LINEは別だ。ほとんどの人がLINEを駆使し、必需品として利用している。無料で知り合いとつながれるツールとして、めちゃくちゃ使う。PTAも趣味のサークルも町内会もLINEがなければもはや成り立たない。スタンプだって、みんなどんどん買っている。ネイルを塗り替えるようにスタンプも買い替える。

あくまで私の周囲の話だし、だからどうなんだと問われたら、いや別にそう思っただけ、という話なんだけど。

ネット業界にずっと属していたら分からなかったことだなあと思うと、不思議な気分になるのでした。

サラダとオムレツと鶏むね肉のレンジ蒸しを食べただけの日曜日。

f:id:reikon:20170529014215p:plain

快晴の日曜日。体調がすぐれなくて、家で寝て過ごした。外に出たのは郵便受けに手紙を取りに行ったときだけ。結局、最初に食事したのが午後5時半だった。

ピザでも取ろうかとスマホを眺めていたが、冷蔵庫には山ほど食材がある。ここで宅配に頼ったら負けだと意地を張った。のそのそとキッチンに立って用意したのが写真のワンプレートディッシュ。

レタスを洗ってちぎる。きゅうりを縦半分にスパッと切ってからスライスする。人参は千切り。卵二個をボウルでといてガーリックソルトで味付ける。熱したフライパンにオリーブオイルをたっぷりひいて、きざんだベーコンを炒める。そこへ卵を投入して手際よくかき混ぜてオムレツにする。二日前に作っておいた鶏むね肉のレンジ蒸しを添え、サラダにバルサミコとオリーブオイルと塩こしょうをふって、ベランダで摘んだバジルの葉を添えれば完成する。ハルキ小説の主人公か。

まあまあ、なんとか形になった。

鶏むね肉のレンジ蒸しが残っていたのが良かった。最近のお気に入りで、パサつきがちな鶏むね肉を美味しく食べられるので重宝している。鶏ハムとちがって、すぐに食べられるのが良い。

鶏むね肉は、かたまりのまま両面にまず砂糖、次に塩をそれぞれ軽くふってすり込み、耐熱皿に入れて蓋かラップをしてまず3〜4分、ひっくり返してさらに3〜4分熱するだけ。二度目にチンするタイミングで、玉ねぎスライスや人参の千切りなどの野菜を放り込むと、水分が出てしっとり仕上がる上に付け合わせも出来てちょうど良い。しばらく冷ます(私の場合は冷凍庫に常備してるアイスノンではさんでる)。サラダの付け合わせや麺類のトッピング、和え物にもいい。

ちなみに耐熱皿は、これをめちゃくちゃ愛用している。

iwaki パック&レンジ システムセット グリーン PSC-PRN-G7

iwaki パック&レンジ システムセット グリーン PSC-PRN-G7

 

レンジ加熱にも、冷蔵庫での保存にも超便利で、しかもガラスが綺麗なのでそのまま食卓に出せるのが良い。先日紹介した詰替ティッシュと並んで、昨年買って良かったものトップスリーに入る。

どんなに調子が悪くても、やっぱり自分でご飯を作ると気分がよくなる。そして写真を撮ってinstagramにアップすると、さらにアガる。

アウトプット症候群というのか。何か行動しないと焦りをおぼえてしまう性分なんだ。万能感にあふれていた二十代とかとは違うんだし、昔みたいにベンチャー企業でガシガシ働いていたときとは違うんだから、そろそろ自分自身へのプレッシャーから解放されたいのに。今なお、なにかしなければと焦り続けている。たいしたことは出来ないのにさ。

もっと歳をとったら景色のよい田舎に移り住んで、バルコニーで樹々でも眺めてのんびりお茶でも飲みながら過ごしたいと思っているけど、たぶん退屈で死にそうになるだろう(死にそうついでにそのまま死ねたらいいが)。

今日の話に戻ろう。

やっつけ仕事の割には、サラダ&オムレツは美味しかった。食べながら、録画していた放送大学のレクチャーを2つ眺めた。ひとつは芸術学で、派手なネクタイを締めたロマンスグレーの教授がミュージカルの社会性と人間性とかいうテーマで、ひたすら自分の好きなミュージカルを紹介していた。わざわざパリのオペラ座まで出向いて許可をもらって内部に潜入していたが、明らかに趣味で行ってるとしか思えない内容だった。羨ましい。もうひとつは生物学で、繁殖の多様性について滑舌の悪い先生が様々な生き物の繁殖方法を紹介していた。カンガルーの赤ちゃんはアーモンドぐらいの小ささで生まれてくるらしい。そんな小さいのを死なないように育てる母親は大変だ。

そんなこんなでゴロゴロしていたら、父親のもとに行ってた息子が帰ってきた。もうしんどいなんて言ってられない。

はやく体調が万全になるといいな。

たとえその恋が実らなくても

f:id:reikon:20170525001516p:plain

さほど遠くない昔、飲み屋のカウンターで偶然となりに居合わせた人に一目惚れしたことがあった。

世間話的な会話をいくつか交わして、互いの自己紹介めいたことをして、ぎこちないなりに愉しい時間を過ごした。

次の約束があるからと、その人は席を立った。

「ではまた」と軽く会釈して、のれんの向こうに消えていく白いシャツを見送った。見送りながら、なんていいオトコなんだ、なんて好みなんだ、と胸を熱くした。

以後、その飲み屋に通う頻度は飛躍的に上がり(そりゃそうだ)、行く時には万全のメイクと服装でのぞんだ

しかし簡単に会えるわけがない。カウンターにその人の姿がないことが分かると、がっかりした。

それでもあきらめずに通い続けた。いつ彼と再会しても躊躇しないようにお洒落にだけは手を抜かなかった。

備えあれば憂いなし。このことわざを、あのときほど体現していた時はなかった。

その後、念願の再会を果たしたが、関係は発展しなかった。お互い大人過ぎたのか、幾つかのすれ違いを経て「知り合い程度の仲」に落ち着いた。

残念だったが、今では良い思い出になっている。なにせ飲み屋で人に惚れるなんて、初めての経験だったし、恋のさやあてをめいっぱい楽しんだ。

次にいつ会えるか分からない人のために一生懸命に着飾って、気持ちアゲアゲにして店に向かっていた私は、最高に女を極めていた。幸せだった。

思い出して小っ恥ずかしい気持ちにはなるが、後悔はしていない。

恋だけでなく、チャンスに賭けているときというのは、人をイキイキさせるものだ。

手に入れたいものに向かって、突き進む高揚感。

時おり、希望とやる気に満ちあふれていたあの頃の自分を思い出す。

いつも恋が日々の原動力だった。