読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自作プリントで勉強させる

f:id:reikon:20170516095350p:plain

勉強させたい、学力をアップさせたい、という気持ちは親なら持つのが当然だろう。

しかしなかなかうまくいかない。

学校から×のついたテストを持ち帰ってきたら、がっくりくる。

そこで、学習塾に行かせたり、市販のドリルを買ってきてやらせたりと、いろいろと工夫をして勉強に取り組ませる。

最近は、「うんこ漢字ドリル」というのが流行っているようだ。

 ↓こういうの

日本一楽しい漢字ドリル うんこ漢字ドリル 小学3年生

日本一楽しい漢字ドリル うんこ漢字ドリル 小学3年生

 

 見事にうんこに関連する文章だけで構成されている。

これは楽しい。

たくさんの友人が子どもにやらせて、子どもがノリノリで取り組んでいる様子がSNSで流れてくる。

まず学ぶべき漢字が書かれていて、それをなぞる、そのあと空白を埋める形で問題が出ている。しかもうんこを使った例文で。全てが!

これはすごい。ずいぶん売れているようだ。

かくいう我が家も、一度は本屋に足を運んだものの、結局は購入しなかった。

とても面白いんだけど、ドリルの構成がこちらの意図と少しずれていた。

ページのはじめにお手本の漢字が大きく出ているため、何も見ずに書けるかどうかを試すテストにはならないからだ。

(漢字をきれいに書かせたい、ひととおり復習させたい、という目的の人はこれが良いだろう)

最初の見本の字を紙で隠してやる、という手も考えたけど、面倒そう。

そこで、ひらめいた。

「自作でやればいいやん」と。

そもそも、一年生の頃からチラシの裏を使って、似たようなことをやっていた。それを復活させればいいのだ。

ということで、冒頭の写真のようなミニテストを作ってテーブルに置いておいた。

発見した息子、ニヤニヤしながらあっという間に終了。

学校のテストで間違っていた「物」と「面」の字を扱ったので、効率がよい。

しかもうんこに特化したら、例文を考えるのがラクだった。

親が作ったということで、子どもにとっても嬉しいようだ。

手間はかかるが、おやつもテストも手作りがいちばん。

こんなことができるのも、まだ小3だからだろうな。