読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

久しぶりにブログを更新してみようと思った

f:id:reikon:20170216110519p:plain

人間はギザギザとボコボコがたくさんある球なのではないか。

今朝、お茶の稽古に出かける準備をしていてそんなことが頭に浮かび、なぜかブログを再開してみようと思った。

なめらかで美しい球になりたいんだけど、どう自分を削っても、付け足しても、完璧な球状には程遠い。

もう、えいやっと自分を投げ出してしまいたくもなるが、生きているうちになんとなく、いびつな球である自分が愛おしくなってくる。

また、全てではないが、自分のギザギザやボコボコを埋めてくれる人も現れて、そうか、足りない部分は他人に補ってもらえればいいのだと気づく。そして自分もまた人のキザギザやボコボコをましにしてあげるようとする。

ブログを再開しようと思ったのは、そんなみっともない人生でも、やはり開けたワールドワイドウェブに生活の記録を残しておきたいと思ったからである。いつか息子が私の人生に興味を持ったときに、いかに母親の人生がいびつであったかを読んでもらえたら、面白いのではないかと思ったのだった。

アナログな日記にしたためたり、非公開ブログに書いたりするのも、それはそれで大事なのかもしれないが、そもそも人に読ませられないものを書き残してしまうと、急に自分が死んだときに困るので、そういう秘密は心の奥底に沈めておこうと思う。

最近は、はてなで生きていた頃に比べると、ずいぶんと違う生活をしている。人に言わせるとかなりユニークなのだそうだ。

息子とふたりで暮らしているけれど、別れた夫は奥さんと共にうちから徒歩5分のところに住んでいて、息子はいつでもお父さんのところに行ける。息子が希望したら、元夫と奥さんにメッセンジャーを送る。スケジュール調整ができたら、「今から行きまーす」と、荷物をまとめて移動する。奥さんも息子の滞在中は、かぎりなく母親のように接してくれているようで、息子にとっては今や第二の母親のような存在になっている。唯一、問題なのは移動の度に WiiU を外して運ばないといけないのが面倒であることだ。

はてなの仕事からはすっかり離れ、家族のようだったスタッフたちとも、今ではほとんど会うことはない。けれど、そのうちのひとりが恋人になったので、はてなの様子は今もちらほらと聞いている。つきあって3年目に突入したが、年齢差もさほど気にならず、今ではすっかり息子もなついて、ゲームの師とあおいでいる(主にマイクラ、ほかにも太鼓の達人マリオカートなどいろいろ)。

ここまで書くと、ぎょぎょっ、ぎょぎょぎょっと思う人も多いかもしれないが、好きに憶測してもらっていいや。だって当人たちがごきげんで暮らしているのだもの。

久しぶりのブログなので、とりあえず近況をまとめてみると、育児が中心の暮らしをしていて、仕事は週に2日ほど京都大学でウェブ広報の仕事をし、たまに自宅をレンタルスペースにして人に貸したり、イベントの司会業をうけおったりしている。

食べたいものを作って食べることが最大の喜びで、その次が3年前から再開したバレーボールで、茶道も細々と続けている(そろそろ稽古に出発せねば)。

毎日のように女友達とLINEやSNSでつながり、同年代の女性との交流が皆無に近かったはてな時代とは、ずいぶん違う。はてなの頃は「れいこんさん」と慕ってくれる人はたくさんいたけど、ほとんどが年下で、私のことを社長の奥さんとして接してくれて、やはりどうがんばっても立場の違いがあった。私も気を使っていたけど、相手も相当だっただろう。

今は、ただのバレーボール仲間、ご近所さん、子どもを介した友人として、気楽なつきあいを楽しんでいる。

ブログを再開するにあたって、別のブログサービスに引っ越すことも検討したが(実際、wordpressには書いているのだけど、そちらはレンタルスペースのPRに使っているので)、今さらアメブロライブドアブログもないよなあ、と思ったし、このちょっと面倒でマニアックだけど、ミーハーじゃない、自分が慣れ親しんだはてなで続けるのもグダグタな感じでいいかな、と思い、ここであらためて書くことにした。

写真はベランダで干されている白菜。