2015年8月吉日

f:id:reikon:20150816114727j:plain

8月11日に京都を出て妙高高原の笹ヶ峰ヒュッテへ。ゆきちゃん一家、同じ大学で研究をするHさん家族、O先生と高原で過ごす。燕温泉の青い露天風呂、つるりとした池の平温泉、褐色の関温泉と三種類の温泉を渡り歩き、トマトやナスやトウモロコシなど、現地の野菜をたっぷり食べて、たくさんドライブをして8月15日に帰ってきた。

Hさん家族は初めてだったので二泊だけして先に帰り、O先生とゆきちゃん一家は8月18日まで過ごすことになっていて、私とトッキーは8月15日に電車で帰った。

長野から特急しなのに乗り込んで名古屋に向かう三時間、3DSもiPadも持ってこなかったので、アイスクリームとじゃがりこチーズ味とコーラグミをたいらげたトッキーは退屈モードに突入しかけていた。私の手元にあるのは、A4のコピー用紙十枚ほどと色鉛筆だけ。長野駅の売店でトランプが売られていたら買おうね、と約束していたが、駅のコンコースにあった二つの店にはどちらもなかった。

そこで、ふたりでトランプを作ることにした。私がコピー用紙をポキポキと折って、丹念に折り目をつけて、ゆっくりとちぎっていく。ハサミがないので手間がかかるが、昔からなぜか紙を手でまっすぐにちぎることは得意だった。「何枚いるの?」と聞くと、「54枚」という。ちぎった紙に、トッキーが色鉛筆でトランプの数字とマークを書いていく。最初の2枚には黒と赤でそれぞれに大きく「J」と書いてジョーカーを、続いてスペードの3から数字をのぼっていった。大富豪にはまっているので、いちばん弱い3が始めの数字なのだ。Q、K、A、2まで行ったら、次はクラブ。

1時間ほどかかっただろうか。かくして54枚のトランプができあがった。コピー用紙なのでもちろんヘニャヘニャだ。でもなんとか使える。そこからは名古屋に着く直前までひたすら二人で大富豪。最初は手加減が必要だろうと思って様子を見ていたが、父親の家で鍛えられているらしく、強すぎて圧倒される。そしてあろうことか、すべてのゲームで負けてしまった。

名古屋に着いたら、中央改札で父親が待っていた。トッキーは私と目を合わさずにぷいと横を向いて改札を出て行った。でもその横顔に満足そうな表情が浮かんでいたのは見てとれた(私の都合のよい錯覚かもしれない)。長野駅の売店にトランプがなくてよかった。

京都駅に着いて、伊勢丹で花束を買って、ハコブキッチンに届けに行った。さっこのパートナーである麻ちゃんが長い休みに入るので、ひとめ会いたかった。閉店後だったけれど滑り込みで顔を合わせることができた。麻ちゃんはまだ厨房の中で三角巾とエプロンを付けていた。明日の仕込みをし始めそうな雰囲気だった。「また新しいことを始めたら教えてね」と言って、店を後にした。終わりは始まり。さっこはいつものように笑っていた。このまま家に帰って京都での日常をスタートさせるのはしゃくだったので、ドライブに連れて行ってもらった。混み合う西向きの丸太町通りでマナーの悪い運転をするクルマと何度も遭遇し、日吉ダムで塩素臭のする温泉につかり、出町柳の石屋で焼き肉を食べたら変なテンションになった。帰宅したら疲れがドッと押し寄せてきて、口もきけないぐらいフラフラになって眠った。京都に戻ったんだぞ!京都だぞ!と肩をつかまれて揺さぶられたような感じだった。

翌日は、昼頃までふとんから起き上がれなかった。起き上がらなくても良い日だったので、休養ざんまいだった。昼過ぎに高倉通りの串くらで掘りごたつに座って焼き鳥定食を食べて、間之町通りのカフェさんさかで香り高いグアテマラを飲んだ。たまにはお金を払って丁寧にドリップされた珈琲を飲むのもよいものだ。贅沢とはこういうものだ。

吉日、という言葉が好きだ。

手紙やカードの最後に「○月吉日」と記すことを始めた人は誰なのだろう。吉という字がポジティブ感をかもしだしているし、日付を特定しないことで渡すタイミングが遅れても失礼がないから都合がよい。

長らく書かなかった日記を再開することにした。特にここに戻ってきた理由もない。これまでのように心情を吐露するつもりもない。ただまた日記を書くことにした。

8月はたのしいことが多かったので、書く気になったのかもしれない。

 

広告を非表示にする