読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気の抜けた夜中のつぶやき

明日はとても大事な講演会の仕事があって、その準備でひさびさに夜更かしをした。

まだ神経がピリピリしているので、眠くならない。かたわらではしなもんがスーハーシーハーという変な寝息をたてて眠っている。

私の頭の中のことを考えている。

私は記憶力が異様に弱い。それから大事なことをよく忘れる。

人の話をうまく理解できない。聞いた話を覚えられないし、読んだ話を忘れてしまうので、人との会話で気の利いたことが言えない。

「ああ、あの本ってなんだったっけ、ああ、あの出来事の人物は誰だっけ」と思い出せないでいるうちに会話がどんどん進んでしまう。自業自得で損をしている。

ひとことでいうと、頭が悪いのだ。

私の頭の悪さは、どこからきているのだろう?なんていうことを考えてしまう。

ニホンザルは道具を持つ事を覚えて使い始めると、脳の使われていなかった神経細胞が活動するようになるという。

私も、何かをすると、もっと脳の神経細胞が活動し、賢くなれるのだろうか?

その「何か」が何か教えてもらいたい。

今日は、そんな脳を研究されている先生と、いま働いているところのセンター長と食事をした。

想像していた通り、とにかく「もの知り」で会話の幅がとてつもなく広く、ひとつの話題に対しての切り込み方や深みがすごい。おまけにそんなすごさをまったくひけらかさず、ウィットにとんだ会話で色んな事を笑い飛ばしている。

私はひたすら美味しい食事を口に運びながら、ぽかーんとしていた。でも、そんな私に対して、二人とも、とても分かりやすく色々なことを教えてくれた。

解散後、あまりに心地よい時間だったので、ぼーっと口をあけて交差点でたたずんでいたら、分かれたはずの先生がスタスタ歩いてこられて、また挨拶をしたけれど、とてもはずかしかった。

カミナリがごろごろ鳴るなか、自転車をこぎながら、先生がたの会話を思い出していた。学生時代はぜんぜん勉強などしなかったのに、今はなんと熱心な生徒なのだろう!

・・・しかるに、私は頭が悪いから、頭の良い人がとても好きなんだと思う。

とってもとっても憧れている。

だから私も道具を手にしたニホンザルのように、何かを手にして自分の頭を活性化させたい。

とりあえず、本とペンとマイクはいつでも手にすることができるのだが、それで効果はあるだろうか。

なんとまあ、人生も折り返し地点を過ぎたような人間だけど、性懲りもなく、ちょっとでも進化したいのだ。

あとは、若さを取り戻したいなあ、なんて。

本当にあさましいものだ!

Anyway.

明日はとても大事な日なので、そろそろ無理やりにでも寝ようと思う。

少しでも頭とからだを休めなければ。

熊手を手にしたニホンザルのように、私もマイクを手にして何かを変えたい。

おやすみなさい。