読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

傷ついた人へ

人は人を傷つける。様々な形で。
言葉で。態度で。暴力で。
傷つけられた側も、傷つけた側も、それぞれに痛みが襲う。
傷つけた者もやはり、誰かから傷つけられた者だ。
傷つけの連鎖。哀しい連鎖。
けれども人は強い。
たとえ傷つけられても、他人を傷つけない人は、
最終的には最も強い。
なぜなら他人を傷つける者は、傷つけながら自分を傷つけているから。
けっきょく、優しい人が、いちばん強い。
ゆるせる人が、とにかく強い。
たとえどんなに傷ついても、自分を傷つけても、
優しさとゆるしを持つ人は、ほんものの強さを持っている。
そして神様(もしくは運命のようなもの)はそのことを知っている。
時の経過や人との出逢いや偶然の出来事をプレゼントしてくれる。
いつのまにか、傷を癒し、新しいフィールドへ自分を運んでくれる。
希望をうしなわず生きていれば。
正直に生きていれば。
他人をおとしめようとせずに生きていれば。
いつか傷は消えている。

広告を非表示にする